あおば行政書士事務所

人と企業を応援します

深夜酒類提供飲食店営業届出とは?【簡単解説】

深夜酒類提供飲食店

深夜酒類提供飲食店営業とは

主に酒類を提供する飲食店で、深夜0時以降(場所によっては午前1時以降)も営業する場合は深夜酒類提供飲食店として、別途所轄の警察署へ届出を行う必要があります。飲食業許可は保健所でしたが、こちらは警察署となるので、間違えないようにしましょう。

許可ではなく届出なので事前検査等はありませんが、風俗営業許可とほぼ同じ手続きをする必要があります。

尚、「酒類を提供する飲食店とは」お酒のメニューがある全ての飲食店ということではなく、お酒のメニューがメインの飲食店ということです。寿司屋や中華料理店が深夜まで営業していても、深夜酒類提供飲食店とはなりません。

深夜酒類提供飲食店営業と風俗営業との違い

よく質問を受けるのですが、深夜酒類提供飲食店営業と風俗営業とは何が違うのでしょうか。

それは、端的に言うと、店の人間(経営者及び従業員)が客を接待するかどうかです。接待とは、客の
隣りに座って談笑などの接遇をすることで、カウンター越しに接客するだけなら深夜酒類提供飲食店営業で済みます。

つまり、居酒屋やバー(ガールズバーを含む)、カウンターのみのスナック等は深夜酒類提供飲食店営業ですし、ホスト・ホステス等が客席につくスナック、クラブ、キャバクラ等(名称は問いません)は風俗営業となります。

また、風俗営業を行うにはその場所に厳しい基準があります。入院施設のある病院や学校などの施設の近くでは営業することができないなど、細かく規定されています。

深夜酒類提供飲食店営業の基準

深夜酒類提供飲食店営業を行うためには、以下の基準が必要です。

  • 飲食店営業許可を持っていること
  • 営業場所が住居専用地域・住居地域・準住居地域に該当しないこと(一部例外あり)
  • 客室の床面積が9.5㎡以上あること(客室が1室のみの場合を除く)
  • 客室に見通しを妨げる設備が無いこと
  • 風俗を害する恐れのある装飾、写真等の設備が無いこと
  • 騒音、振動の数値が条例により定められた数値以下であること
  • ダンスをする踊り場がないこと
  • 営業所の照度が20ルクス以上あること

繰り返しますが、酒類提供飲食店営業はあくまで種類の提供をメインとしている飲食店で、寿司店・そば店・中華料理店・レストラン等が深夜時間帯に営業を行って酒類を提供しても、食事が主体の店舗の場合は、深夜酒類提供飲食店の届出は不要です。

深夜酒類提供飲食店営業届出の方法

 下記の書類を準備して届出を行います。

  • 営業開始届出書
  • 営業の方法
  • 営業所の平面図、求積図
  • 照明、音響設備図
  • 申請者の住民票
  • 営業所建物の権利を証明する書類(登記簿謄本・賃貸借契約書の写し)
  • 飲食店営業許可証の写し
  • 定款の写し、登記事項証明書営業書及び役員全員の住民票(法人の場合のみ)

飲食店営業許可は取得するのに一定の時間と手間がかかります。別の記事で解説していますので、そちらも参考にしてください。

飲食店営業許可を取得して営業を開始した後に、深夜も営業したくなっても、基準を満たせずに断念したり、さらに費用をかけて改装したりすることのないように、開業の検討段階で、どのような営業スタイルにするのかをきちんと決めておく必要があります。

飲食店営業や、深夜酒類提供飲食店営業について、ご質問やご相談がありましたら、無料で対応していますので、コチラまでお気軽にご連絡ください。